精密検査を受けられる方へ

腹部超音波検査を受けられる方へ

超音波を用い、肝臓・胆のう・すい臓・腎臓・脾臓などの病変の有無を調べます。

検査方法

  1. ・検査時間は、20分程度になります。
    (観察状況により所要時間は前後します)
  2. ・ズボン、スカートは、下着と一緒に腰骨の位置まで下げます。
    上半身は、胸の下まで捲り上げ、腹部が観察できるように準備していただきます。
  3. ・腹部にゼリーを塗り、プローブをあてながら肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・脾臓、膀胱、前立腺などを観察していきます。
  4. ・検査中、観察しやすくするためプローブを押し当てたり、体の向きを変えさせていただきます。

検査前の準備

食事 午前中の検査の方 ・朝食は食べられません
・水やお茶の制限はありません
午後の検査の方 ・朝食はいつもの半分の量を朝9時までにとってください
・(朝食は、卵、牛乳、油を使用した食事は避けてください)
・昼食は食べられません 水やお茶の制限はありません
・心臓病・高血圧・その他の欠かせないお薬は、いつものように内服してください
・糖尿病の薬は飲まないでください
その他 ・下腹部臓器も検査しますので、可能であれば、検査前に排尿はしないでください
・女性の方は、ワンピースの着用は避けてください(上下分かれた服装が便利です)

検査当日のご注意

  1. ・体を締め付けるガードル、ボディースーツなどは身に着けず、楽な服装でおこしください。
  2. ・ご高齢の方はなるべく付き添いの方とおこしください。

このページのトップへ戻る